弱酸性が肌にいいのはなぜ?

洗顔石鹸やボディーソープで「肌と同じ弱酸性」「肌に優しい弱酸性」というものがありますが、どうして弱酸性が良いのかご存知ですか?何重にも層になった肌組織の一番外側は角質層で、角質層は肌を守るバリア機能を担っているのですが、その角質層をさらに守るものがあります。それが皮脂です。これは皮脂膜と呼ばれ、皮脂腺や汗腺から分泌された皮脂が角質層を覆っている状態なのです。油分は肌の大敵のように言われがちですが、なくてはならない大切な役割を果たしています。食品の保存でオイル漬けというのもありますね。オリーブオイルなどに漬けた食品は、長期間保存してもカビは生えず、腐敗もしません。油が菌から食品を遮断しているからです。これと同じように、肌表面の皮脂膜が角質層を雑菌から守っているのです。
そしてこの皮脂膜が酸性の性質なのです。この、肌のpHバランスを保つためにも、洗顔料は弱酸性のものが望ましいということです。もちろん皮脂を取りすぎてしまったら、バリアそのものが失われてしまいますので、洗顔石鹸は皮脂を程よく取り除いてくれるものを選んでほしいと思います。しかし皮脂が残りすぎてもニキビの原因になるので、とても難しいところです。環境や気候の変化で肌のpHバランスが崩れてしまうことも少なくありません。そこで、必要な皮脂は残し、その皮脂と上手く付き合っていく手伝いをしてくれるのが、ニキビ化粧品です。ニキビ化粧品は皮脂の除去だけが目的ではありません。皮脂を利用して肌を守る機能をサポートするのがニキビ化粧品の大事な役割です。ニキビ化粧品については、さらにこちらのサイトもご覧いただきたいです。

e-敏感肌化粧品【ランキングと口コミ】

Copyright(c) 自分に合った洗顔石鹸さがしてみませんか?. All Rights Reserved.