知ってる?お肌の構造

人の肌は、表皮、真皮、皮下組織という3つからできています。
表皮は、厚さ0.1〜0.3mmと薄い層でできていて、病原菌や異物が肌の中に侵入しないよう保護する役割をしています。また、表面が皮脂腺から分泌される皮脂と汗が混ざって出来た皮脂膜と呼ばれる天然の保湿クリームに覆われているために肌に潤いを与えてくれます。
真皮は、表皮の下にあり、厚さ2mmほどですが、その約70%がコラーゲンという弾力のある繊維でできています。このコラーゲンが網目状にはりめぐっているので、真皮は弾力性があり、肌も伸び縮みするのです。真皮には網目状のコラーゲンを支えるエラスチンという繊維もあります。真皮の5%を占めるエラスチンとコラーゲンが、年齢とともに減っていくので、シワやたるみの原因になります。
皮下組織は、もっとも内側にある組織で、表皮と真皮を支えています。皮下組織は、大部分が皮下脂肪です。皮下脂肪はクッションの役割をして、外からの刺激や衝撃をやわらげたり、熱を伝えにくいという性質から断熱・保温の働きをしたり、エネルギーを脂肪のかたちで蓄える役割もしています。部位によって異なってきますが、体では皮下脂肪が厚く、約10ミリ以上あります。脂肪というと悪いイメージがしますが、体を守る大切な働きを担っています。

Copyright(c) 自分に合った洗顔石鹸さがしてみませんか?. All Rights Reserved.